1. 心と身体の自立を促す教育・保育

  2. 椛沢・坂﨑メソッドを基にした健康教育・遊びを通した知育・芸術的な感性などを豊かにする保育

    入園している園児に対しては、教育及び保育の中での様々な体験を通して、園児の未来の“生きる力”を引出し、大切に育成し、自ら考え、自ら行動し、自ら生きる力の基礎を育てます。




  1. 心身ともに豊かな子ども

  2. たくましい身体づくりができる子ども

  3. 思いやりのある子ども

  4. 意欲を持つ子ども

  5. 自分で考えて行動できる子ども




当園は幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づき、教育・保育を行っています。また、2歳児クラスからは様々な遊びを体験するなかで、創造性や知恵、社会性、自立の力を積み上げていくピラミッド教育に取り組んでいます。 日頃の園生活での体験(遊びや学び)の節目として行事を位置付けています。

保育教諭は園児の年齢や状態に合った目標を設定し、行事を通して一人ひとりの心と体の更なる成長を促しています。 小中学校と接続連携して、教育課程やアプローチプログラムの工夫、小中学校児童生徒との交流会や職場体験、教諭との意見交換会を実施しています。

園児保護者に対する子育ての支援に加え、地域に密着した子育ての支援を目標に、妊娠期の支援等、地域のすべての子どもを支援します。





Copyright(C)2016 こども園こどまり All Rights Reserved.